DV相談には、こんな所がります。:DVをぶっ飛ばす!

DV相談には、こんな所がります。

日常的にDVを受けていると
感覚が麻痺して、
いまやられていることがDVなのか、そうじゃないのかわからなくなることがあります。
だんだんとDVが普通になってくることもあって、
“これが普通なんだ”と思っていることも多いです。
DVだと理解することもできなかったり・・・

まず、自分が置かれている状況が、
DVかどうか迷ったら、まずは相談することがイチバンです!
でも、身近な人に相談するとかなかなかできないとなると、
公的機関で相談してはどうでしょうか?

DV相談をするには、公的機関では、次のような場所があります。

*女性センター

住んでいる都道府県には必ず女性センターという機関があります。
(ウィメンズプラザ、男女共同参画センターという名前でやっているところもあります)
人権相談や法律相談、心と体の相談をすることができます。
人権相談や法律相談、心と体の相談ということでDVの相談をすることができ、
また、DVに対する体制も整っています!
女性センターがある場所は県庁所在地にあることが多いです。
もし、行けるのであれば、まずは行ってみましょう。
行くのが無理でも、電話相談を受け付けていることが多いので電話をしてみるといいですよ。

各都道府県の女性センターの電話番号一覧

*福祉事務所

こちらは、女性センターとはちょっと違って、各市町村が運営しています。
DV防止法第八条の2に決められていることですが、
【福祉事務所は、被害者の自立を支援するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない】となっています。
DV被害者の生活保護の手続きや公営住宅や母子支援施設の入居手続きや就労支援など、
色々な具体的な生活を自分でしていけるような情報提供と援助を受けることができます。

相談には婦人相談員が受けてくれます。


*警察署

こちらは、当然といえば当然の機関ですね。
でも、警察に相談するときのポイントは、交番や派出所で相談をするのではなく、
【警察署】の【生活安全課】をたずねて下さい。
警察署は必ず近場にありますので、探してみてくださいね。

DVは犯罪ですので、まず相談していたという実績を作ることや
大事になる前に、相談しておきましょう。

*配偶者暴力相談支援センター(緊急の場合)

DV防止法にもとづいて、
相談から一時緊急保護や自立支援まで受け付けてくれます。
夫や恋人など、男性からのの暴力が深刻な場合や緊急性が高い場合などは、
【本人】から配偶者暴力相談支援センターへ連絡するよう勧めてください。
配偶者暴力相談支援センターの所在地は、被害者を保護するため、公表されていません。
所在地を知っているのは、限られた一部の人です。
もちろん、避難した場合は、所在地は極秘にしてくださいね!

⇒全国配偶者暴力相談支援センター連絡一覧

*そのほか

・保健所
・精神保健福祉センター
・子ども家庭支援センター
・児童相談所
法務局人権相談(クリックすると法務局人権相談のHPに飛びます)
・弁護士会人権法律相談
法テラス(法テラスのHPに飛びます)


非難しますか?避難しましょう!!

プロフィール
キーワード

プロフィール

名前 桃
30代主婦です。
バツイチで現在は娘1人連れて再婚しました
ちょっと無理しすぎた1回目の結婚により、虚弱体質に・・・。
1人でも1日でも早くDVで苦しむ人がいなくなればと思っています

□チェックしてみてください□

DVを受けている人の特徴のチェックリストです。

DVを受けている自信がない、
よく分からないという人はDV被害者の中に数多くいます。
まずは、このDV被害者チェックをしてみませんか?

●いつもパートナーの機嫌にびくびくしている
●パートナーを怒らせないようにいつも気を使っている

●パートナーがトラブルに巻き込まれたら「助けなければ」という衝動にかられる

●パートナーからたたかれたり、殴られたり、蹴られたり、髪の毛を引っ張られたりする

●パートナーが何を望みどんな反応をするかを考えて行動や付き合う人、友人を決めている

●自分の意見をもてなくなっている

●セックスを断ることができない

●パートナーの視点で世の中を見てしまう

●パートナーに依存している

●自分の行動に責任を持つことができない
>

このチェックリストをしてみて、当てはまることがあれば、安心・信用できる人・機関に相談してみてください。
【自分】を取り戻してこれからの判断をしてください。

キーワード

検索


モラハラ男が、なぜ?あなたにそのような行動を取るのか?なぜ?精神的に追い詰めてくるのか?あなたは、まだモラハラで苦しみ続けますか? もうモラハラ夫との戦いは今日限りで終わりにしましょう!

【送料無料】セクハラ・DVの法律相談改訂版
知らないでいるよりも、絶対に知っているとあなたのチカラになります
法改正、紛争実態を踏まえた解決策を示す最新改訂版
DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す
お母さんと支援者のためのガイド:家庭内DVで傷ついた子供をケアしましょう


こんなオトコ要らねぇ!!
漫画家・箱ミネコ氏の人気ブログ「離婚日記」を書籍化:妊娠中に言い掛かりをつけて出ていった元夫と1年半かけて調停離婚。悲惨な結婚生活とサイコホラーな離婚までの道程


夫にイライラしたときに読む本
誰も傷つかず、誰も悲しまず、笑顔と自信を取り戻し、夫婦の危機を救う一冊


子連れ離婚を考えたときに読む本
子どもの気持ちを大事にしながら、離婚する方法を学んでください。必要な手続きから、様々な問題の対処法まで、わかりやすく解説。先輩シングルマザー100人による役立つアドバイスも満載。

サブコンテンツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。